クラゲ、少しくたびれて飴色。
by hane-maro